小顔整形でフェイスラインを整える|コンプレックススピード解決

顔を触る人

小さい顔を目指すには

医療

小さい顔のメリット

小顔整形をする人は増えつつある。小顔であればそれだけ目鼻立ちがしっかりしていてより立体的に見えることで美人になるからである。全身のバランスも良くなるので、スタイルが良く見えたり足長効果もあるのである。上品で知的に見えるという雰囲気も併せ持つため、どんな髪型も似合うようになりファッションやヘアスタイルにも困らなくなる。これは男性の場合も女性の場合も関係なく良い印象が持たれるからである。もともと小顔という人もいるが、多くはリンパマッサージをしていたり指圧などでコリをほぐして小顔にしている人が多いのである。むくみやすいタイプの人や老廃物が溜まりやすい人は、骨格自体は細くても顔が大きく見えてしまうからである。自分でケアしたり、サロンでのマッサージなどで一時的に小顔になってもまた日常の生活を送っているともとに戻ってしまうことがある。また、骨格がしっかりしている人やエラが張っている人は、マッサージをしてもあまり効果が得られないこともある。そんな時は整形することで小顔になれるのである。注射だけで整形することも出来る為、整形したことがバレにくく簡単に治療が受けられるのである。注射での整形は主に脂肪溶解注射やボトックスがある。

注射の種類

顔は体の部位でも脂肪がつきにくいが、それでも脂肪が原因で顔が大きくなってしまっている人も居る。その時は脂肪溶解注射をすると良いのだが、一度に沢山の脂肪を取ってしまうと頬がこけたり、不健康にやせ細って見えることがあるので、部分的に少しずつ脂肪溶解を行っていく必要がある。筋肉が原因となっている場合は、筋肉の働きを抑えるボツリヌス菌を注入するボトックス注射が適していると言われる。それ以外に、骨格が問題でエラが張っていたり顎がとがっていたり頬骨が出っ張っている場合は骨を削るという手術をすることもある。だが、その場合は身体的負担も大きく回復までに1,2カ月とかなり時間がかかる為、周りにも整形したことは知られることになる。リスクはかなり大きくなるため、一般的には注射での治療の方が良いとされている。注射でもある程度大きさを抑えることは出来るからである。それぞれ希望のフェイスラインもあるが、自分にはどんなフェイスラインが適しているのか知ることも大事である。多くのクリニックでは施術前にパソコンを使ったシミュレーションを行っており、施術後の自分がどんな姿になるのかをイメージさせてくれる。自分の現在の姿と理想の姿をイメージに重ねながら施術を行うべきである。