小顔整形でフェイスラインを整える|コンプレックススピード解決

顔を触る人

色々な施術方法がある

フェイス

クリニックへ行く前に

顔の大きさが気になることはありませんか。集合写真を撮る時に、顔の大きさがきになってしまう人もいます。小顔になるのはなかなか大変なことですが、整形によって小さくすることはできます。クリニックを受診するといいでしょう。ただし、クリニックへ行く前にどんな方法で小顔整形するかを大まかに決めておいたほうが良いです。顔の脂肪吸引をするのか、エラを削るのかなどが考えられます。クリニックによってどの治療法を得意としているのかも違いがありますから、自分なりに治療法をなんとなく決めておいたほうがより自分に合ったクリニックを選べるはずです。評判の良し悪しも調べておいたほうがいいでしょう。評判が高いクリニックは腕がいいだけではなくアフターフォローもしっかりしていたりと最初から最後まで満足度の高い治療や接客をしてもらえるでしょう。一番大事な小顔効果にも影響があるかもしれません。小顔になるために整形するわけですから、確実に効果を得るためにはどこで整形すればいいのかを考えてからクリニックへ行った方が良いです。今では美容クリニックの数がかなり多くなりましたから、その中から特に自分に合っている治療を行っているところを探し当てる必要があります。

メスを使うか使わないか

小顔になるためとは言え、顔にはあまりメスを入れたくないでしょう。小顔整形はメスを入れる治療法もありますが、メスを使わない治療法もあります。脂肪吸引の場合は、管を入れるために少しだけメスを使います。どうしてもメスは入れたくないと思ったら、脂肪溶解注射でもいいでしょう。どちらも余分な脂肪を体外へ排出することができます。脂肪吸引は管で脂肪細胞を吸い取りますが、脂肪溶解注射なら脂肪を溶かして体外へ排出します。エラが張っているのなら、エラの骨を削らなくてはならないと思うでしょう。たしかに、エラの骨を削る治療があります。しかし、もっと簡単にできる治療法があります。ボトックス注射を気になるエラに注射するだけです。簡単ですが、エラを小さくすることができます。メスを使う治療法も多々ありますが、メスを使わなくても十分効果を得ることはできます。今では、メスを使わない治療を行っている人がかなり多くなりました。ダウンタイムといって、腫れが引くまでの時間をほとんど考えなくても済みます。メスを入れるとどうしてもダウンタイムが長くなることが多いです。腫れにくく、治療も短時間で済むこともあって、メスを使わない整形がとても人気が高いです。