小顔整形でフェイスラインを整える|コンプレックススピード解決

メディカル

取り組み方

先生

知っておきたい豆知識

小顔整形というと、エラを削ったりアゴを小さくしたりといった方法を思い浮かべる人は多くいます。しかし実は、顔の大きさというのはエラやアゴだけで決まるわけではないのです。脂肪の付き方や顔のパーツの大きさや配置、凹凸などによっても大きさが違って見えます。そのため実際に顔の大きさを測ってみると、自分で思っていたよりも小さいという人は少なくありません。そうしたこともあり、小顔整形というのは様々な方法で行うことが可能となっているのです。つまり、エラを削ったりアゴを小さくしたりといった大がかりな整形を行わずとも、小顔になることが可能な人が多いということです。特に脂肪の付き方によって大きく見えている人などは、注射1本で小顔にすることが可能なことも多くあります。というのも、脂肪を溶解することができる注射が存在しています。これならば施術時間はたった5分程度ですし、傷跡も残るといったこともありません。また、顔の凹凸によって大きく見える人も、ヒアルロン酸の注入だけで小顔に見えるようになることがあります。このように大きく見える原因に合わせて整形を行うことで、より簡単に、より自然な小顔 を手に入れることができるのです。

今後どう変わっていくのか

近年では整形の技術も進み、簡単な方法で小顔にすることも難しいものではなくなってきています。そのため、小顔整形を気軽に受ける人も増えてきました。そこで今後は、更に手軽なものが登場してくるのではないでしょうか。例えば、パックタイプの小顔整形などです。現在でも注射1本で小顔にできるといった手軽なものも存在していますが、顔に注射を打つことに抵抗を感じてしまう人も少なくありません。また、注射ということで痛みを気にして躊躇してしまう人も多くいます。ですのでそうした抵抗や躊躇を、一切感じない方法が登場してきてもおかしくはないでしょう。それにはパックタイプが一番簡単です。顔に貼るだけで脂肪を溶解して吸い取ってくれるようなものなど、需要は高いのではないでしょうか。しかもこうしたパックタイプのものが作れるようになれば、家庭用のものも同時に作れるはずです。そうなれば自宅にいながらにして、整形を受けたのと同様に小顔になることも可能となります。顔の大きさで悩んでいる人は多くいますし、このような家庭用のものを待ち望んでいる人は少なくないでしょう。このまま整形技術の進化が進んでいけば、こうしたものも夢ではないような気がします。

顔を小さくするには

フェイス

小顔整形は方法がいくつもあります。大きく分けると余分な脂肪を取るかエラを削るかです。脂肪吸引や脂肪溶解注射を打つ方法、エラの骨を削ったりエラにボトックス注射をするなどがあります。独自の治療法がある美容クリニックもあります。

この記事を読む

小さい顔を目指すには

医療

小顔だと顔がより立体的に見えることで美人になり、スタイルも良く見えるメリットがある。整形には注射と骨を削るものがあるが、注射の方がより自然で身体的負担も少なく周りにも気づかれず小顔になることが出来る。

この記事を読む

方法を把握しよう

女性の顔

リンパマッサージや顔の筋肉のトレーニングを励行するという方法で、顔を小さくすることができます。しかし、セルフケアを行う時間的余裕がない人や、顔の骨格自体が大きくなっている人は、美容外科クリニックに行って小顔整形治療を受けるようにした方がよいです。

この記事を読む

色々な施術方法がある

フェイス

小顔整形したいなら、クリニックへ行く前に治療法をある程度考えましょう。定評があるクリニックを選びやすくなります。メスを入れる治療法と入れない治療法があります。脂肪溶解注射やボトックス注射だけでも顔が小さくなります。

この記事を読む